山陰の住まいと暮らし メッケ

Topics

Topics.01
こんなものを見つけました。

新しいけど懐かしい

リフォームとリノベーションの違いってわかりますか?
よく聞くのに改めて考えるとわからない方も多いかと思います。
なんとなくリフォームっていうよりリノベーションの方がかっこいい。
そんな感覚でしょうか?

広辞苑で調べてみると、リフォームは「建物を新築時の状態に近づける為の修繕や改修」と書いてあり、リノベーションは「既存の建物の機能や用途まで変える規模の大きな工事」と書いてありました。うーん。。。。よくわからない。。。

だからだったんでしょうね。

近年、工務店を中心に「新たな価値を加える」という意味で、内装や設備機器にこだわりをもって改装することをリノベーションって言葉が使われるようになったそうです。

今回発行したMekke vol.10の冊子中にもリノベーションをされたご家族を掲載しています。ここは、しらいし設計室がリノベーションした御宅で、ご夫妻とお子さん一人と旦那さんのお婆様と愛猫、4人家族(と1匹)で住んでおられます。

リノベーション前はというと・・・

部屋の中は薄暗くって、太陽の光も入ってこなかったり、小さい子供がいるのに料理をするときは目をどうしても離してしまったり・・・不安や不便に思うことがチラホラ。

だからこそ、夫妻は思いきって一階をリノベーションすることにされたそうです。

今はというと・・・

「あんなに暗かったのが嘘かのように明るくて、どこか優しい空間になりました。」と奥様。今まで離れていたリビングとキッチンも1つの空間になり、子供の様子を見ながら、家族と会話しながら料理を作れることが、日々の何気ないほんのささやかなことを喜びに感じるそうです。

梁や柱はリノベーション前のものをそのまま活用し、家族が自然と集まる明るい空間にリノベーションされている。一部分だけのリノベーションで、奥まっていた薄暗い空間が激変。

リノベーションには、たくさんのいい部分があるかと思いますが、やっぱりいちばんの特徴は、“古さを味方につけれること”。

その家の本来持つ個性を大切に、「懐かしさ」も愛せる家づくりもいいなと思いました。

TAKURO TOMIYAMA
鳥取県の小さな村で生まれた20代後半のアラサー男子。幼少期から絵を描くことが好きで、ある日描いた絵で全く知らない誰かが喜んでいる姿に遭遇。「え、自分でもなんか人の役に立てれるんか?」と変な自信を覚え、自然と広告の道に進んできました。そんなこんなで絵を描きながらも、ちょっとモテるからって軽はずみ始めたバンドは約8年。シラーッとYouTubeに新曲を更新中。