山陰の住まいと暮らし メッケ

Interview

第5弾 なぜ、この工務店を選んだか

先本組

想いの数だけプランが存在する、
頼もしい提案力が決め手になりました。

 もともと土地を所有していたことから、家づくりを決心された北野夫妻。まず資料を収集して下調べを行い、じっくり数年かけて完成見学会を回って、各社の特徴と得意分野の比較検討をされました。そのうえで選ばれたのが、プランの選択肢が多く、担当者の人柄も大変気に入った先本組でした。

 

 毎日の生活の中で小さな不便が積みかさなって、大きなストレスになることがあります。以前のアパート住まいには不自由を感じていなかった北野夫妻。とはいえシンクが狭くて食器を洗っても置き場所がなく、料理をする気になれないキッチンや、服を脱ぐときに狭さを感じるお風呂の脱衣所にイライラされていました。「すべての扉が引き戸ではなくて開き戸だったので、ドアを開けたり閉めたりする空間も無駄だと感じていました」など、いろいろなところが目につき気になっていたそうです。

 そんな毎日のなかで、自分たちの思い通りの家に住みたいという憧れが大きくなっていきました。もともと実家の土地を所有していたこともあり、ついに家づくりをスタートさせることに。
最初に始めたのは工務店や設計事務所の下調べ。資料を取り寄せて4社ほどに候補をしぼられました。
「家を建てようと資料を請求した会社に、いざ相談したり話を聞いたりするのは結構ハードルが高くて。いきなり相手の懐に入るようで、私たちにはなかなか難しいことでした」と当時をふりかえるご夫妻。
それならば人が来場するのにまぎれて下見をしようと、完成見学会を体験することにしました。ところが会場に行ってみたものの、営業の担当者が張りついたり、反対に全然説明をしてくれなかったり。そんな気苦労をしながら、候補の会社の完成見学会やオープンハウスにたびたび通う状況が2年ほど続きました。

 なかなか依頼先は決まりませんでしたが、たくさんの家を見ることはでき、各社の得意な分野や特徴がわかってきました。
「その得意分野のバランスが一番よかったのが先本組でした。それに営業的な押しつけもなく、自由に会場を見ることができ、私たちの質問には的確な答えが返ってきました」
最終的には完成見学会などの開催が数多く、「こんなこともできるんだ」とプランの選択肢が豊富なことが決め手となり、ついに先本組を選ばれたのでした。
また、「河瀬さんに出会えたから」と担当者の人柄も選択の理由にあげられていました。営業という感じではなく、サポーターのように人に寄り添いながら家づくりをお手伝いしたい。そんな先本組の企業姿勢が厚い信頼を築き上げています。

「設計プランの打ち合わせは毎回、すごく楽しかったです。ほとんどの打ち合わせは完成見学会の会場で行いました。開場する前に行って、その家の基本プランなどを下見してから打ち合わせをするので、私たちの家にイメージを置き換えやすかったですね」
仕事や家事で忙しい施主さんに、わざわざ見学会に行ってプランを確認する二度手間をかけたくない。こうした配慮から生まれた打ち合わせスタイルです。

 そうしてご夫妻の想いや夢をカタチにしていき、箱型のシンプルモダンな平屋が完成しました。
「平屋にしたのは、広い土地があったからです。わざわざ高い建物にしてコンパクトにまとめなくてもいいと思って。部屋数は多くしたくなかったし、掃除もしやすいように最終的に平屋にしました」
以前のアパート住まいで空間が無駄だと思っていた開き戸はトイレだけにして、日常の動線上はほとんどが引き戸の空間づくりもなされています。
「開き戸は開けた状態にしていると戸のスペースが必要です。引き戸なら開けっ放しにしても邪魔にならないのがいいですね」と大変気に入られています。
明るく広々としたリビングにつながるウッドデッキで、心地よい風と光に抱かれてくつろぐご夫妻と先本組の河瀬さん。「理想の家をつくってくれてありがとう」と、ご夫妻の笑顔が言っているかのようでした。